緑内障の改善は体質の改善から

緑内障になりやすい人って?根本的に改善するなら体質の改善から

体質と緑内障の関係

体質というものは人それぞれ異なるものですが、その中には「緑内障」になりやすい体質という特徴もあります。緑内障は目の病気の一つで、視野が欠けてしまう症状が現れます。治療を行なうことはできますが、完治することはなく、治療はあくまでも症状の悪化を抑えるためのものとされています。症状を放っておくと失明する危険性もある病気ですから、早期に発見し治療を始めることが必要となっています。

ただ、緑内障は本人自身が自覚することがほとんどなく、気付いた頃には症状が進行してしまっていることも多い病気です。そのため眼科で定期的に検査を受け、緑内障を発症していないかどうかをその都度チェックすることが重要です。検査を受けることで緑内障を発見できるので、現在は発症の心配がないと感じている皆さんも念のため眼科で検査を受けてみてください。緑内障は40代以上の皆さんに発症しやすい病気とも言われていますから、中高年層の皆さんは特に注意しておきましょう。

緑内障になりやすい体質って?

もし緑内障を発症していることが分かった場合は、すぐに治療を始めて対処をしていきますが、ただ治療を受けるだけではなく、皆さん自身で緑内障を改善していく努力も必要不可欠です。そこで皆さんに知っておいてもらいたいのが、緑内障になりやすい体質というわけです。

緑内障になりやすい体質の人となりにくい体質の人とでは、やはり緑内障になりやすい体質の人の方が実際に病気を発症する確率も高くなっています。なりやすいというだけではなくて発症する確率も高いので、やはり緑内障の発症を防ぐためには、緑内障になりにくい体質になることが大きなポイントとなるわけですね。もちろん、既に緑内障を発症している皆さんも、体質を改善することによって緑内障の症状を緩和させていくこともできますので、ここからは体質を改善することについて詳しく見ていくことにしましょう。

血行不良の状態を改善!

緑内障になりやすい体質の例としては、「血行不良」の状態である場合がまず挙げられます。皆さんの血行は良好な状態でしょうか?それとも血行不良になってしまってはいませんか?身体が冷えやすい、むくみやすい、疲れやすいというような状態が慢性的に続いているようであれば、血行不良の状態になってしまっている恐れが考えられます。

緑内障という病気は血流が悪くなることでも発症するので、血行不良が影響して症状が悪化してしまうこともあるものです。緑内障の症状を改善したいのであれば、血行不良を改善して血液の流れを良くしていくことから始めてみると良いでしょう。

適度な運動や漢方薬で血行促進効果

血行促進には身体を意識的に動かすこと、身体を内側から温める効果のある食材を摂ることなどがおすすめとなっていますので、生活習慣も改善しながら体質改善を目指していきましょう。適度な運動は眼圧を下げる効果もあるため、眼圧が高くなるタイプの緑内障である皆さんは特に意識的に運動をするよう心がけていきましょう。

またこうした体質を改善する方法の一つとしては「漢方薬」を服用することもおすすめです。緑内障に直接効くというよりも、緑内障になりにくい体質や、緑内障が悪化しにくい体質に変えていくことができるものなので、その点をよく理解した上で服用してみてください。血行促進効果のある漢方、冷えやむくみに効果のある漢方、慢性的な眼精疲労に効果のある漢方などを適切に服用しながら、緑内障を改善していきましょう。ただ漢方薬は体質的に合わない場合もあります。まずは医師と相談しながら服用する漢方薬を選んでいきましょう。