緑内障の様々な改善法

記事一覧

緑内障にかかったら真面目で几帳面な性格を見つめ直すことが大切

緑内障は早期発見できるように日頃から注意を

様々ある目の病気の中でも「緑内障」は発症率が高く、特に中高年層になると発症しやすい傾向があると見られています。視野が徐々に狭くなっていく病気である緑内障は、患者本人には自覚症状が見られないことが特徴的です。初期段階で緑内障を発症していることに気付くようなケースは非常に少なく、中期段階や後期段階になるまで症状に気付かないことも珍しくありません。

またこうした「自覚症状がない」という怖さだけではなく、症状を放置していると失明してしまう恐れもあるところも緑内障の怖いところです。気付かないうちに症状が進行してしまうので、まずは症状が悪化しないよう早めに対処することが大切です。

眼科では緑内障の症状を発見するための検査を受けることができますから、中高年層の皆さんは念のために検査を受けておきましょう。「特に症状が見られないから・・・」と検査を避けるのではなく、緑内障は自覚症状が見られないということをよく理解し、早期発見できるよう日頃から注意してくださいね。

「緑内障気質」ってどんな性格?

早期発見が重要となる緑内障は、主に眼圧の上昇によって発症すると見られています。ただ、近年では眼圧が上昇していないにもかかわらず緑内障を発症する「正常眼圧緑内障」の患者数も増加傾向にあるため、眼圧の数値に関係なく緑内障を発症するリスクは高い場合があるので、眼圧が正常値である皆さんも気をつけておきましょう。

また、緑内障の発症リスクの中には「緑内障気質」であることも要因の一つとして考えられています。緑内障気質とは一体どのような特徴があるのでしょうか?実は緑内障気質と呼ばれる特徴には、皆さん自身の性格が大きく関係しています。皆さんはよく真面目な性格、几帳面な性格、と言われることはありませんか?真面目で几帳面な性格である皆さんは、知らず知らずのうちにストレスを感じやすく、緑内障になりやすい性格であると考えられているのです。

その他、完璧主義や心配性など、日々緊張感を持って生活を送っている皆さんも緑内障気質と言えるでしょう。常に「○○しなければならない」とか「私が○○しなければ・・・」といったように、緊張感を持ちながら生活していると、身体的にも精神的にもストレスが溜まりやすくなってしまいます。ストレスは緑内障発症要因の一つと見られていますから、緑内障気質である皆さんが症状の発症を予防したり改善したりするためには、性格自体を見つめ直すことが必要となります。

自分自身の性格を見つめ直すことが大切

既に緑内障を発症している皆さんの中にも、いつも真面目で完璧主義な性格である人が多いのではないでしょうか?周囲の人から言われることはもちろん、自分自身でも性格に対して思うようなことがあれば、まずは真面目や几帳面さから抜け出してみることを考えてみましょう。

例えば、仕事や家事・育児を完璧にこなさなければならない、他人から嫌われないようにしなければならないなど、普段の生活で「○○しなければならない」という考え方を少し緩くしてみてください。必ずしも完璧にこなさなければならないわけではありませんし、間違いを恐れてしまうことでかえってストレスを溜め込んでしまうことがあります。生まれ持った性格を変えることは難しいかもしれませんが、緊張の糸を少しずつほどいていくように、毎日を楽な気持ちで過ごしてみましょう。

真面目な性格はとても魅力的ですが、時には力を抜くことも忘れてはなりません。緑内障を発症している皆さんにとっては、こうしたある程度の緩さを持つことが症状の改善へと繋がりますし、他の病気を呼び込むことも予防できます。ぜひこれを機会に自分自身の性格を良い方向へ見つめ直してみてはいかがでしょうか?

勝手に始めることは危険!緑内障の改善法は医師と相談しながら

症状を発見できる「緑内障」の検査

眼圧が高くなることによって発症する「緑内障」。中でも40代以上の中高年層に発症しやすいと見られているため、40歳になったら眼科で定期的に検診を受けることを心がけておくことが大切です。緑内障は自覚症状もほとんどありませんし、症状は徐々に進行していくので、患者本人はなかなか気付きません。症状を放置し続けていると失明するリスクも高まる病気ですから、できるだけ早く発症していることに気付くためにも検査が必要となっているわけです。

眼科では眼圧を測定する「眼圧検査」や「眼底検査」など、様々な検査によって緑内障を発見することができるようになっていますので、まずは検査を受けることから緑内障を予防していきましょう。検査を受けることで発症していることが分かれば、すぐに治療を始めることができ、症状の悪化を防ぐこともできます。完治することがない緑内障は、少しでも早く症状の悪化を抑えることが重要な治療となっています。完治することはありませんが、症状を緩和させて楽な状態にしていくことはできるので、皆さんも定期的な検診は欠かさないようにしましょう。

緑内障の改善法を試す前に

また、緑内障に対する様々な改善法を治療と併せて行なうこともおすすめです。緑内障が悪化する要因には過度なストレス、眼精疲労などの慢性的な疲れ、血行不良などが挙げられますが、こうした要因を取り除くために改善法を試してみることで緑内障の症状を楽にしていくことができます。緑内障は完治させることができないものの、改善していくことは可能なので、皆さんが今日から始められる改善法から試してみると良いでしょう。

しかし、無闇に改善法を試してしまうとかえって症状を悪化させてしまったり、他の症状が現れてきてしまったり、何らかのトラブルが起きてしまう恐れもあります。ただ改善法を試せば良いというわけではなく、皆さんの緑内障の症状に合わせて行なうことが大切なので、自分自身の緑内障がどのような症状か、どの程度進行しているのか、どのような治療を受けている状態かなど、現状をよく理解した上で改善法を試してみてください。そして個人での判断ではなく、必ず医師と相談しながら行なうことも忘れないようにしましょう。

医師に相談後、許可を貰ってから試してみて

緑内障の症状を改善する基本は、眼科での治療になります。治療を受けずに改善法だけを試しても大きな効果はなく、症状の悪化へと繋がってしまうこともあります。緑内障は適切な治療を受けることで症状を緩和させていくことができる病気ですし、検査を受けないことには緑内障の状態も細かくチェックすることはできませんから、少しでもおかしいと感じることがあればすぐに眼科を受診して検査を受けてください。緑内障は個人的な判断で分かる病気ではありませんので、確実な診断は眼科の医師に任せるようにしましょう。

もし緑内障だと診断された場合は、医師の指示の元で治療を受けることを第一に考えることが必要です。改善法を試すこともおすすめですが、まずは治療が先決であることをよく理解しておきましょう。治療を受けることで眼圧を下げることもできますので、特に眼圧が高いタイプの緑内障を患っている皆さんは高くなった眼圧を下げて症状を落ち着かせていくよう、治療を続けてみてください。

治療を続ける中で試してみたい改善法があれば、医師に相談後、許可を貰ってから試してみましょう。改善法は治療薬のようにすぐに眼圧を下げる効果はありませんが、体質を改善したり、体調を整えたりする効果は期待できます。普段の生活を変えていくという意味で改善法を試してみると良いでしょう。

慢性的に現れる緑内障、症状の緩和は自分に合った「漢方薬」で

緑内障を改善させるための治療

「緑内障」の治療は、主に点眼薬によって行なわれます。眼圧が上昇するタイプの緑内障は、点眼薬を用いることで眼圧を下げ、緑内障の症状を緩和させていくことができます。ただし、点眼薬を使い続けていれば症状が完治するわけではありません。あくまでも眼圧を下げることを目的としているため、一度ダメージを受けた視神経を修復する効果はなく、緑内障を完全に治すことはできないのです。

とは言え、完治しないから治療をしない、ということになると、今度は症状がますます悪化していってしまうので大変危険な状態となります。緑内障は完治しないということを認めた上で治療を受け、眼圧を正常な状態に保っていく努力を続けることが皆さんには必要となります。完治を目標にすることはできませんが、症状を落ち着かせていくことはできるので、皆さんもまずは眼科で適切な治療を受けながら緑内障の改善を目指していきましょう。

緑内障に効果のある「漢方薬」

また、緑内障には「漢方薬」が効果的である場合もあります。緑内障は急性のものもあれば慢性的に症状が進行していくものもありますが、特に慢性的に現れる緑内障の症状には漢方薬が効果を発揮すると考えられています。急性の緑内障は発作が起きることもあり、眼圧を下げるための手術を行なうケースもありますが、慢性的な緑内障の症状は現状維持に働きかけ、眼圧の上昇を防ぐことが重要となっています。そこで役立つのが漢方薬というわけですね。

漢方薬は東洋医学の薬のことで、西洋医学によって扱われている薬とは異なり、私達の体質に働きかけてくれることが特徴的です。そのため「緑内障を治療する」というよりも「緑内障になりやすい体質を改善する」という意味合いの方が強くなっています。緑内障に直接的な効果を発揮する漢方薬はありませんが、緑内障の症状に関わっている様々な要因を改善させる効果のある漢方薬はたくさんあるので、皆さんの体質に合った漢方薬を選んで服用してみましょう。

漢方薬を服用したい場合は医師に相談を

漢方薬には様々な種類がありますが、緑内障に効果的な漢方薬の効能としては、血流の改善、免疫機能の向上、体内の水分循環の改善などが挙げられます。血行不良の状態を改善してくれる効果のある漢方薬を服用することで、滞っていた血液の流れが正常な状態に戻り、緑内障の症状も悪化しにくくなっていきます。

また緑内障によっては房水の流れが悪くなることで症状が現れることもあるので、体内の水分循環を改善してくれる漢方薬を服用して房水の流れを改善させていくことも効果的です。さらに免疫力を高めてくれる漢方薬では、目の老化が進行することを抑制する効能が期待できるため、結果的に緑内障の改善にも繋がります。

直接的な治療効果ではなく、体質改善を目的としている皆さんにぴったりの治療法となっていますので、漢方薬で緑内障を改善していきたい!と考えている皆さんは、ぜひ一度医師に相談してみると良いでしょう。しかし、漢方薬は人によって全く合わない場合もあるので注意が必要です。体質改善のために効果的な漢方薬ですが、体質的に漢方薬の成分が合わないこともあるのです。

もし漢方薬の服用後に何らかの異常が現れた場合にはすぐに服用をやめ、医師に診てもらうようにしましょう。身体に合わない薬を服用していても症状は良くなりませんし、今度は他の症状で悩まされることになります。これは漢方薬だけではなく、点眼薬を使用する場合にも同様に言えることです。緑内障治療のための薬が体質に合わない時はすぐに医師に相談するようにしてください。

緑内障になりやすい人って?根本的に改善するなら体質の改善から

体質と緑内障の関係

体質というものは人それぞれ異なるものですが、その中には「緑内障」になりやすい体質という特徴もあります。緑内障は目の病気の一つで、視野が欠けてしまう症状が現れます。治療を行なうことはできますが、完治することはなく、治療はあくまでも症状の悪化を抑えるためのものとされています。症状を放っておくと失明する危険性もある病気ですから、早期に発見し治療を始めることが必要となっています。

ただ、緑内障は本人自身が自覚することがほとんどなく、気付いた頃には症状が進行してしまっていることも多い病気です。そのため眼科で定期的に検査を受け、緑内障を発症していないかどうかをその都度チェックすることが重要です。検査を受けることで緑内障を発見できるので、現在は発症の心配がないと感じている皆さんも念のため眼科で検査を受けてみてください。緑内障は40代以上の皆さんに発症しやすい病気とも言われていますから、中高年層の皆さんは特に注意しておきましょう。

緑内障になりやすい体質って?

もし緑内障を発症していることが分かった場合は、すぐに治療を始めて対処をしていきますが、ただ治療を受けるだけではなく、皆さん自身で緑内障を改善していく努力も必要不可欠です。そこで皆さんに知っておいてもらいたいのが、緑内障になりやすい体質というわけです。

緑内障になりやすい体質の人となりにくい体質の人とでは、やはり緑内障になりやすい体質の人の方が実際に病気を発症する確率も高くなっています。なりやすいというだけではなくて発症する確率も高いので、やはり緑内障の発症を防ぐためには、緑内障になりにくい体質になることが大きなポイントとなるわけですね。もちろん、既に緑内障を発症している皆さんも、体質を改善することによって緑内障の症状を緩和させていくこともできますので、ここからは体質を改善することについて詳しく見ていくことにしましょう。

血行不良の状態を改善!

緑内障になりやすい体質の例としては、「血行不良」の状態である場合がまず挙げられます。皆さんの血行は良好な状態でしょうか?それとも血行不良になってしまってはいませんか?身体が冷えやすい、むくみやすい、疲れやすいというような状態が慢性的に続いているようであれば、血行不良の状態になってしまっている恐れが考えられます。

緑内障という病気は血流が悪くなることでも発症するので、血行不良が影響して症状が悪化してしまうこともあるものです。緑内障の症状を改善したいのであれば、血行不良を改善して血液の流れを良くしていくことから始めてみると良いでしょう。

適度な運動や漢方薬で血行促進効果

血行促進には身体を意識的に動かすこと、身体を内側から温める効果のある食材を摂ることなどがおすすめとなっていますので、生活習慣も改善しながら体質改善を目指していきましょう。適度な運動は眼圧を下げる効果もあるため、眼圧が高くなるタイプの緑内障である皆さんは特に意識的に運動をするよう心がけていきましょう。

またこうした体質を改善する方法の一つとしては「漢方薬」を服用することもおすすめです。緑内障に直接効くというよりも、緑内障になりにくい体質や、緑内障が悪化しにくい体質に変えていくことができるものなので、その点をよく理解した上で服用してみてください。血行促進効果のある漢方、冷えやむくみに効果のある漢方、慢性的な眼精疲労に効果のある漢方などを適切に服用しながら、緑内障を改善していきましょう。ただ漢方薬は体質的に合わない場合もあります。まずは医師と相談しながら服用する漢方薬を選んでいきましょう。

こまめに休憩を、緑内障になってしまった目は疲れさせないように

眼精疲労はできるだけ早めに対処を

よく目が疲れる、目が全体的に重くなる、目がむくむなどの症状が現れている皆さんはいませんか?こうした症状は典型的な眼精疲労で、目に疲れが蓄積されることで慢性化してしまう恐れもあるので注意が必要です。最初のうちは「ちょっと疲れたな」くらいに感じているものですが、少しの疲れも毎日のように続けばどんどん蓄積されていきます。すると気付いた頃には疲れがドッと溜まってしまい、頭痛や肩こりのように症状が派生してしまうことも少なくありません。

眼精疲労が眼精疲労であるうちに対処することができれば良いのですが、頭痛や肩こりなどの症状も現われるようになると、今度は全身の疲労にも繋がっていきます。疲れが溜まると血流も悪くなりますし、健康状態も悪化してしまいます。その結果、様々な病気を発症する恐れも高まるので、眼精疲労はできるだけ早めに対処することを心がけておきましょう。

目を疲れさせないようにこまめに休憩を

このような眼精疲労が関係している病気の一つに「緑内障」が挙げられます。視野が欠けてしまう病気である緑内障は、目の病気の中でも発症率が高いことで知られています。一度発症すると完治することはなく、生涯病気と付き合っていかなければなりません。自覚症状も少なく、発見しにくい病気ですが、初期段階で発症していることが分かれば、比較的軽い症状のうちに治療を始めることができます。治療をしても完治することはないものの、症状を落ち着かせていくことはできるので、緑内障の発症後は眼科で適切な治療を受けることが先決となります。

また、緑内障を発症している目は健康的な目よりもさらに大事にしていかなければなりません。眼精疲労をきっかけとして緑内障を発症しやすい状態になることがありますが、既に緑内障を発症している場合は眼精疲労によって症状がますます悪化してしまうこともあるのです。緑内障になってしまった目は疲れさせないようにすることが大切ですから、目に少しでも疲れを感じたらゆっくり休めるなど、こまめに休憩を取ることをおすすめします。

目を疲れさせないことによって緑内障の悪化を防ぐことができますし、目を少しでも健康な状態に保っていくこともできます。決して目を酷使してはいけない、ということではありませんが、緑内障の発症や悪化にかかわらず、目を酷使すること自体が健康に害を与えるものです。現代人は何かと目を使うことが多く、眼精疲労も溜まりやすくなっています。

目の周りの筋肉が緊張して凝り固まってしまっている状態は非常に血流が悪く、視神経もダメージを受けやすい状態になってしまいます。緑内障という病気は視神経がダメージを受けることで生じていますから、緑内障の発症後にもさらに視神経にダメージを与え続けることになると、症状はどんどん悪化していってしまいます。少しでも緑内障の症状を抑制させたいのであれば、まずは視神経へのダメージを減らすために、目の緊張をほぐして血流を改善させてあげましょう。

簡単な目のエクササイズを試すだけでも血流は改善されていきますし、仕事の合間に目のツボを刺激してみても良いでしょう。凝り固まった筋肉は意識的に動かさない限りそのままの状態となってしまいますから、疲れる前に筋肉の凝りを和らげ、血流を良くするよう心がけてみてください。また、眼精疲労自体がストレスとなってしまうこともありますが、ストレスも同様に緑内障の発症要因に繋がっています。眼精疲労の解消はもちろん、日々のストレスを解消することも忘れないでおきましょう。

現代の医療では治すことができない緑内障、改善と完治の違いを理解

生活習慣と関わりの深い目の病気「緑内障」

様々ある病気の中には、治療することによって完治させることができる病気もあれば、完治させることが難しい病気もあります。特に生活習慣が大きく関係している病気は完治が不可能であることが多く、一生病気と付き合っていかなければならないケースも少なくありません。

代表的なものとしては「糖尿病」などの生活習慣病が挙げられますが、実は目の病気である「緑内障」も同様に完治することのない病気となっています。緑内障は目の病気ではありますが、皆さんの生活習慣とも関わりの深い病気なので、別名「目の成人病」と呼ばれることもあります。言い換えると「目の生活習慣病」ということになりますから、糖尿病と同じく緑内障も不規則な生活習慣によって発症する病気というわけですね。

緑内障は早期発見・早期治療を心がけて

緑内障が発症するメカニズムは、緑内障のタイプによってそれぞれ異なることが特徴的ですが、主な原因としては眼圧が高くなることで視神経が傷つき、視野が欠けてしまう、という症状が現われる病気となっています。「視野が欠けてしまう」ということは、ごく普通に見ている景色の中で一部が見えなくなっている状態ということです。緑内障の症状が進行すると、視野の欠けた部分が徐々に増えていき、最悪の場合は失明してしまう恐れもある大変怖い病気です。

また自覚症状がほとんど見られない、という特徴も持っているので、自分自身が緑内障であることになかなか気付かない、という人も少なくありません。緑内障は放っておくと非常に危険な状態となってしまう病気ですから、まずは早期発見・早期治療を心がけていきましょう。

完治しない緑内障をどうして治療するの?

しかし、先ほども説明したように緑内障は完治することがない病気です。例え症状が初期段階であるうちに発見できたとしても、すぐに治療を始めたとしても、症状が完治することはありません。完治することがないのにどうして治療するの?と思う皆さんも多いかと思いますが、緑内障における治療は完治させることを目的としているのではなく、症状の悪化を抑制するために行なうものとなっています。

放っておくと症状は悪化する一方ですが、治療をすることで症状の進行を妨げ、最悪のケースを避けることができるのです。完治させることはできないものの、現段階以上に緑内障の状態が悪化することは予防できますし、治療によって上昇した眼圧も下げていくこともできるので、症状の改善にも治療は欠かせないものとなっているのです。

完治と改善の違いをしっかり理解して

緑内障は完治させることはできませんが、症状を少しずつ改善させていくことはできる病気です。もちろん、改善といっても一度失った視野を取り戻すことは不可能です。現代の医療では視神経のダメージを修復することはできないので、失った視野が回復することはありません。ただし、これ以上視野が欠けてしまうことのないよう現状を維持すること、上昇しがちだった眼圧を下げて安定させることは可能ですから、まずはかかりつけの眼科で緑内障の治療を始めていきましょう。

そして症状の完治と改善の違いについてもよく理解しておくことが大切です。完全に症状がなくならないとしても、症状が改善すればこれからの生活も無事に過ごしていくことができます。また治療を続けるだけではなく、皆さん自身で生活習慣を見直すなど努力をすることでも緑内障の症状は落ち着いていきます。完治しないからといって嘆くのではなく、少しでも良い状態に改善できるよう、上手く緑内障と付き合っていきましょう。

緑内障の改善には眼圧に関係している自律神経を整えることも大事

緑内障発症の要因は日々のストレスにも

緑内障の発症要因の一つとして「ストレス」が挙げられます。もちろん、ストレスが溜まっている人が全て緑内障になるわけではありませんし、ストレスを感じているから必ずしも緑内障を発症するわけでもありません。ただ、ストレスを感じることによって「交感神経」が優位になるため、眼圧が高くなりやすい傾向があるのです。緑内障という病気は、一般的に眼圧が高くなるという症状が現れます。

近年では眼圧が正常値であっても発症する「正常眼圧緑内障」などの症状も見られるようになりましたが、やはり主な症状としては眼圧の上昇なので、例え直接的な要因ではなくても、ストレスを過度に感じることは緑内障の発症に繋がりやすいと考えられているのです。

では、交感神経とは一体何なのでしょうか?これは「自律神経」の一つで、私達が健康的に生きていくために関わっているものです。自律神経は交感神経の他に「副交感神経」もあり、この2つの自律神経のバランスが取れていることで私達は日々の生活を送ることができるようになっています。

自律神経のバランスを整えて

先に説明したように、交感神経はストレスを感じることで優位になりやすくなっていますが、交感神経が優位になると動悸がしたり、汗が出たりするなど身体は緊張して興奮状態になります。こうした興奮状態は眼圧の上昇にも関わっているので、眼圧を下げるためには交感神経を優位にするのではなく、副交感神経を優位の状態に導いていくことが必要となります。交感神経は仕事をする、スポーツをする、勉強をするなどといった活動に関わる神経であるため、私達が起きている状態の時はほとんどが交感神経が優位の状態です。

ただ、副交感神経とのバランスを保っておかなければ健康的とは言えないため、もし交感神経が刺激されすぎてしまっている場合には、副交感神経を優位にさせることを考えるようにしましょう。副交感神経を優位にさせる方法の中でも特に簡単なものとしては、両手の薬指以外の「爪もみ」が挙げられます。ここからは爪もみの効果について見ていくことにしましょう。

副交感神経を活性化させる「爪もみ」

私達の身体にはたくさんのツボがありますが、両手の爪には自律神経の活性化を促すツボがあります。爪の生え際にあたる部分なのですが、副交感神経を優位にさせたい場合には、親指・人差し指・中指・小指の爪の生え際をゆっくりとマッサージするように刺激してみてください。爪が生えている指の部分を、もう片方の手の親指と人差し指を使って揉みほぐしていきます。

指をマッサージする順番には特にこだわらず、皆さんがやりやすい方法でツボを押してみてください。副交感神経が優位になると、身体的にも精神的にもリラックスした状態になり、気持ちが落ち着いていきます。緊張している時や不安感がある時にもおすすめのツボなので、ストレスを感じている場合にはぜひ試してみると良いでしょう。

ただ一つ注意点があります。薬指の爪もみは交感神経を優位の状態にさせてしまうため、副交感神経を優位にしたい場合は薬指以外の爪もみを行なうようにしてください。交感神経を優位にさせたいのであれば、薬指の爪もみは効果的ですが、緑内障の症状を抑えるために眼圧を下げることを目的としているので、副交感神経を活性化させることができるよう気をつけながら爪もみを行ないましょう。特に小指の爪もみは頭痛や肩こりにも効果的となっています。眼精疲労による頭痛や肩こりで悩んでいる皆さんも、ぜひ爪もみを試してみてはいかがでしょうか?

生活習慣の改善は眼科で受ける緑内障治療と平行しながらが基本

今までの生活習慣を見直し、健康的な生活へ

「目の成人病」とも呼ばれている「緑内障」には、皆さんの日々の生活習慣が大きく影響しています。生活習慣が乱れている場合は緑内障にかかりやすい状態となっていますので、まずは生活習慣を改善し、緑内障を予防していくことが必要となります。

もし既に症状を発症してしまっている皆さんの場合も、生活習慣の見直しは避けては通れないものです。今までと同じ生活を続けていれば、緑内障の症状はますます悪化してしまいますし、最悪の場合は失明する危険もある病気ですから、皆さん自身が日々の生活習慣に注意していかなければなりません。

例えば、食事の面で問題があれば、規則正しい食生活を送るよう心がけるとか、慢性的な運動不足や睡眠不足になってしまっている場合は、現状を少しでも良くしていくために努力をするとか、自分で始められる改善法はいくらでもあります。緑内障の悪化を抑えるためにも、自分自身の生活習慣を見直し、健康的な生活へ変えていきましょう。

緑内障はまず治療を受けることを第一に考えて

ただし、緑内障の症状には適切な治療も必要不可欠であることを忘れてはなりません。特に眼圧が高くなるタイプの緑内障を患っている皆さんは、まずは上昇してしまった眼圧を下げることが先決ですので、眼科で処方された点眼薬を使って眼圧を下げるなどの対処が必要です。

あくまでも眼圧を下げるために使われる治療法で、緑内障の症状が完治するわけではありませんが、上昇してしまった眼圧を下げないことには症状を落ち着かせることができませんので、眼科における治療の必要性についても十分理解しておくことが大切です。緑内障は場合によって発作を引き起こすこともある病気ですから、その場合は手術によって眼圧を下げる処置を取ることもあります。

対処法は緑内障のタイプ別に異なることもありますが、眼科での治療を受けることで適切に眼圧を下げていくことができるので、緑内障の発症後はまずかかりつけの眼科で治療を受けることを第一に考えるようにしてください。しかし、ただ治療を受けていれば良いわけではない、ということも緑内障の大きな特徴です。

眼科の治療と生活習慣の改善は平行しながらが基本

緑内障を改善する場合には、眼科の治療と生活習慣の改善を平行して続けていくことが重要となっていますので、現在眼科の治療だけを受けている状態である皆さんは、皆さん自身で始められる緑内障の改善法も試してみることをおすすめします。反対に現在既に緑内障を発症している恐れがあるにもかかわらず、まだ眼科を受診していないという皆さんは、生活習慣の改善するだけではなく早めに検査を受けて症状の状態をハッキリさせることが大切です。

緑内障の症状を改善させるためには、眼科で受ける治療が基本となりますし、その治療に合わせて生活習慣を見直していくことでより症状を緩和させていくことができると考えられているので、緑内障の恐れがあるならまずは眼科を受診してください。緑内障を発症していることが分かれば、眼科ではすぐに治療を始めますから、皆さんも治療に合わせて生活習慣の見直しに入りましょう。

完治させることはできない緑内障ですが、こうして眼科での治療と生活習慣の見直しによって症状を安定させていくことは可能です。今以上に症状が悪化することを予防できれば、皆さん自身も問題なく生活を送っていくことができます。そのためには規則正しい生活は欠かせないものとなっていますので、医師の元で治療を続けながら、日々健康的な生活を心がけていきましょう。

お金をかけずに改善させたい!自宅でも簡単にできる緑内障改善法

「緑内障」を理解した上で治療を受けて

視野が欠けてしまう病気、それが「緑内障」です。様々ある目の病気の中でも緑内障の発症率は高く、特に40代以上の中高年層の皆さんは十分な注意が必要です。もし発症してしまった場合には、すぐに治療を始めることで症状を緩和し、進行を防いでいくことができますが、症状を放置していると最悪の場合は失明してしまうこともあるので大変怖い病気でもあります。

もちろん、適切な治療をしっかり受けていれば失明するリスクは低くなりますし、治療を受ける他にも皆さん自身が緑内障の進行を防ぐためにできる改善法を試すことによって、症状をより緩和させていくことも可能です。ただし「改善する」ということと「完治する」ということの違いについてはよく理解しておく必要があります。

緑内障は一度発症すると完治することはない病気です。発症の直接的な原因は視神経が傷ついてしまうことですから、完治させるためには傷ついてしまった視神経を元に戻さなければなりません。しかし、現代の医療では視神経を回復させるための治療を行なえないので、緑内障が完全に治ることはないのです。症状を改善させることはできても、失われてしまった視野を回復することはできない、ということを理解した上で治療を受けるようにしましょう。

自宅で簡単にできる緑内障改善法

このように、緑内障は改善させることはできても完治させることはできない病気であることが特徴的ですが、症状を改善させるためには少なからずお金がかかってしまうものです。治療を受けるためにもお金はかかりますし、目の状態を定期的に確認する検査にも費用を支払わなければなりません。病気の治療は何かとお金がかかるものなので、せめて皆さん自身でできる改善法に関してはお金をかけずにできる方法を実践したいものですよね。ここからはそんな皆さんおために、自宅でも簡単にできる緑内障の改善法についていくつか見ていくことにしましょう。

まず1つ目は、緑内障の間接的な要因である「眼精疲労」を解消するための改善法です。毎日のデスクワークで目に疲れが溜まってしまっている皆さんはいませんか?眼精疲労は目の周りの血流にも悪影響を与えてしまうので、結果的に緑内障の症状を悪化させてしまう恐れもあります。

眼精疲労対策には仕事の合間にもできる目のエクササイズや目のツボ押しなどがおすすめとなっていますから、休憩時間や帰宅後のリラックスタイムなどにぜひ実践してみてください。緑内障になってしまった目は疲れさせないように注意することが大切です。疲れが溜まる前にしっかり対処していきましょう。

体質改善や自分の性格も見つめ直してみて

2つ目は緑内障改善のための体質の改善法です。緑内障という病気には生活習慣や皆さんの体質が関わっているため、普段の生活習慣と体質を改善することで症状の進行を抑制し、楽な状態へと改善させていくことができるのです。食生活の見直し、運動不足の解消、血行促進などで体質は徐々に改善されていきますから、今皆さんができることから体質改善を始めていきましょう。

そして3つ目は自分の性格を見つめ直すことによる改善法です。実は緑内障は皆さん自身の性格の特徴も関係しており、緑内障を発症しやすい性格というものも要因の一つとして考えられているのです。中でも几帳面で神経質である、常に真面目で緊張感を持っている、というような性格の皆さんは緑内障を発症しやすいと見られています。

「緑内障気質」とも呼ばれている性格の特徴ですので、この機会に自分自身の性格について見つめ直してみると良いでしょう。性格を変えることは難しいことですが、徐々に生真面目さをなくしていくよう、少し気を抜いて生活してみることから始めてみてはいかがでしょうか?

記憶力アップで脳を活性化!症状を進行させないためには脳を使うこと

「緑内障」の発症に関わる要因は様々

緑内障の患者数は中高年層に多く見られていますが、近年では20代や30代の若年層にも増加傾向があります。眼圧が高くなることで緑内障を発症するだけではなく、眼圧が正常値であっても様々な要因によって緑内障を発症してしまうことがあるのです。

例えば、目を酷使することによる眼精疲労、冷えや血行不良、糖分の摂り過ぎ、タバコやお酒なども間接的な緑内障の発症原因です。他にも近視である場合は緑内障を発症するリスクが高いので、若い世代の皆さんも近視の悩みを抱えているのであれば、緑内障の危険性についてもしっかり考えておく必要があります。緑内障は自覚症状が見られず、なかなか発症に気付かないケースも少なくない病気です。

そのため早期発見には定期的に検査を受けることが欠かせません。かかりつけの眼科で定期的に緑内障の検査を受け、目の状態の変化をチェックしておきましょう。もし症状を放置し続けていた場合には、失明してしまう恐れもあるので十分な注意が必要です。初期段階で緑内障の発症が分かれば治療も早く始められますので、特に心配がない場合でもまずは検査を受けることをおすすめします。

治療によって症状を抑えて少しでも楽な状態へ

緑内障は自覚症状がなく、知らず知らずの間に症状が進行し、悪化してしまうことも多い病気なので、早期発見・早期治療がカギとなります。と言うのも、緑内障という病気は発症後に完治することはないからです。治療を受けても治らないの?と不思議に思う皆さんも多いかと思いますが、緑内障は視神経がダメージを受けることで発症します。つまり、症状を完治させるためにはダメージを受けた視神経を回復させなければなりません。

しかし現代の医療では視神経を回復させる技術がないため、緑内障を完治させることはできないのです。このようなことから、緑内障の治療は症状の完治を目指すものではなく、あくまでも症状の進行を抑えることを目的としたものとなります。現在緑内障の治療を受けている皆さんも、これから緑内障の治療を始める皆さんもよく理解しておくようにしましょう。

症状の完治は望めませんが、症状の進行を抑えることはできるので、緑内障の悪化は予防できます。緑内障の改善というのは、完治ではなく今の状態を維持すること、または少しでも楽な状態にしていくことになりますから、治療を受ける上での理解しておくべき点として覚えておきましょう。

症状を進行させないために脳を活性化

また、緑内障の症状を改善させるためには、治療を受けるだけではなく皆さん自身で改善方法を実践していくことも重要です。緑内障は目の老化によって現われる病気ですが、目の老化は脳の老化でもあります。目が老化すれば脳も老化してしまいますし、脳が老化してしまうと目も老化してしまうので、皆さんもまずは目や脳を活性化することで緑内障の進行を防いでいきましょう。特に脳は使わなくなるとどんどん老化していってしまいます。と同時に目の老化にも繋がってしまうので、緑内障を発症する危険性も高まってしまうのです。

そこでおすすめなのが記憶力を鍛えることです。街を走っている車のナンバープレートの数字を覚える、ヒット曲の歌詞を丸暗記してみるなど、日常生活における様々なシーンで記憶力をアップさせることができるので、皆さんもぜひ試してみてください。その他、クロスワードやナンプレなどのパズルも脳の活性化が期待できます。緑内障の進行を妨げるだけではなく脳の若返りにも効果的なので、楽しみながら脳と目を活性化させてみてはいかがでしょうか?

1 2 >