点状や糸状の浮遊物が見える「飛蚊症」

視界に点状や糸状の浮遊物が見えたら注意!「飛蚊症」の治療法は

「飛蚊症」ってどんな病気?

目のトラブルには様々な症状がありますが、皆さんは視界に点状や糸状の浮遊物が見えたことはありませんか?黒い点や黒い糸のようなものが浮遊している、または白い点や白い糸のようなものが視界に見えているような場合は「飛蚊症」を発症していることが考えられます。

飛蚊症とは、点状や糸状の浮遊物が見えてしまう目の病気のことで、原因としては紫外線を浴びることによって目の「ガラス体」という部分に活性酸素が溜まってしまうことが考えられています。ガラス体に活性酸素が溜まると、目の中にあるたんぱく質や脂質といった物質が酸化されてしまい、その結果ガラス体の組織に異常が現れます。

ガラス体の中はゼリー状になっていますが、その中には言わば”ゴミ”となってしまった繊維が浮遊しています。その浮遊物が点状や糸状の物体として皆さんの視界に入ってくる状態が「飛蚊症」となるのです。

視界に入ってくる点状や糸状の浮遊物は、白っぽいものもあれば黒っぽいものもありますし、半透明であることもあります。点状といっても小さな点の場合もあれば輪のような形のものもあり、見える浮遊物も人それぞれ違いが見られています。こうした浮遊物は単に目にゴミやほこりが入った場合にも見られるものですが、視線を動かしても浮遊物が付きまとってくるようであれば、飛蚊症を発症している恐れが高いと見て良いでしょう。もし飛蚊症が疑われる場合は、すぐに眼科を受診するようにしてください。

眼科における飛蚊症の治療法は

しかし、現代の医療では飛蚊症の治療を行なうことはできません。飛蚊症の治療法が確実に決められていないため、もし皆さんが飛蚊症を発症していたとしても、眼科では症状を完治させるための治療を行なうことができないのです。飛蚊症の原因は紫外線を浴びることによって溜まった活性酸素ですが、例え紫外線を浴び過ぎていない状態でも、老化によって飛蚊症の症状が現れることは決して珍しくありません。

眼科でも老化やストレスなどが影響して現れている症状と診断されることも多く、だからといって症状を放置していても良くなることはありませんし、ますます症状が悪化してしまうことも考えられます。では、飛蚊症という病気にはどのように対処していけば良いのでしょうか?

パソコンやスマートフォンにも注意を

飛蚊症の対処法としてまず必要となるのが「活性酸素をガラス体に溜めないこと」です。活性酸素は紫外線によっても発生しますので、外出する時にはサングラスをかける、日傘を差す、帽子をかぶるなどして目に紫外線が入ることを防いでいきましょう。特にサングラスは直接的に紫外線を予防できますから、紫外線の強い季節にはサングラスを使って目を守っていきましょう。

また、パソコンやスマートフォンなどの画面からは「ブルーライト」が発せられていますが、このブルーライトは紫外線と波長が近いため、同様に活性酸素を発生させてしまう恐れが考えられます。パソコンやスマートフォンの画面を長時間見つめていると、ブルーライトを直接的に浴びることになりますから、頻繁にパソコンやスマートフォンを使用する皆さんはブルーライトをカットできるメガネなどをかけて予防することをおすすめします。眼精疲労対策にもなりますし、飛蚊症も防ぐことができるので一石二鳥です。

そして飛蚊症の予防には規則正しい生活を送ることも欠かせません。生活習慣が不規則になっている、ストレスや疲れが溜まっているという皆さんは、これまでの生活習慣を見直してみることも忘れないようにしておきましょう。確実な治療法はないものの発症は防ぐことができますので、皆さんもぜひできることから予防を始めてみてください。