「白内障」は「緑内障」と併発することも

水晶体が白く濁る病気「白内障」は「緑内障」と併発することも

水晶体が白く濁る病気「白内障」

視界がかすみがちになる、何を見てもぼやけて見える、光がとても眩しく感じるなどの症状が現れている場合、皆さんは「白内障」を発症していることか考えられます。白内障とは、水晶体が白く濁ってしまうことによって発症する目の病気のことで、発症後の見え方としては先に述べたような視界のかすみやぼやけが特徴的で、視力も低下してしまいます。

白内障の目が白く濁るのは「不溶性蛋白」の増加が原因となっており、特に多く見られている白内障「老人性白内障」と呼ばれるタイプで、60歳以上の皆さんによく見られる症状と言われています。年代ごとの発症率を見てみると、60代では約70%、70代では約90%、そして80代以上にになるとほぼ100%は白内障の状態が進行していると見られているので、年齢を重ねることと白内障の発症は切っても切れない関係性と言えるでしょう。

では、もし白内障が発症してしまった場合は、どのように対処していけば良いのでしょうか?ここからは白内障の治療法について見ていくことにしましょう。

白内障の治療法は手術のみ

白内障は一度発症すると手術以外の方法で治療することはできない病気なので、症状を改善させたい場合は手術を受けることを大前提として考えなければなりません。

白内障と似た名称の目の病気には「緑内障」と呼ばれる視野が欠けてしまう病気がありますが、言うまでもなくそれぞれ異なる症状が現れる病気です。緑内障の場合は点眼薬を使用することによって眼圧を下げることが基本的な治療法となります。そのため、必ずしも手術で治療するとは限りませんが、白内障については治療が可能となるのは手術だけとされています。

ただし、白内障がごく初期段階で症状も軽いような場合は、点眼薬で症状が進行することを予防したり、または内服薬を服用することで症状の進行を妨げたりすることができます。とは言え、どちらも白内障が悪化してしまうことを防ぐために使われるものなので、治療という意味ではやはり手術を受けることが重要となっています。

既に白内障を発症してしまっている場合には、眼科で手術を受けることによって症状を緩和させることができますから、かかりつけの眼科で症状についてよく相談し、納得した上で手術を受けるようにしましょう。

「緑内障」とは併発してしまう恐れも

このように、白内障を治すためには手術を受ける他に道はありませんが、白内障の発症を防ぐことは十分に可能です。先ほども挙げたような眼科で処方される点眼薬や内服薬による予防はもちろん、栄養バランスの整った食生活を送ること、目もしっかりUVケアをして強い紫外線を避けるなど、日頃から注意できる点もありますので、現在白内障を発症していない皆さんは予防法についても考えいくことをおすすめします。

また、白内障は他の病気と併発するケースも多い病気であるため、白内障以外の病気にかからないよう注意しておきましょう。白内障と併発しやすい病気としては、生活習慣病の一つである「糖尿病」、そして上記で紹介した「緑内障」についても同様に併発するリスクが高いと見られています。

緑内障は眼圧が高くなることが原因で発症する病気ですが、栄養バランスが偏った食事を摂っている、運動不足や睡眠不足が慢性化している、ストレスや眼精疲労が溜まっている、といった要因からも発症リスクが高まると考えられている病気でもあります。併発を防ぐためには、まず生活習慣の見直しから始めることが大切ですので、これまでの自分の生活を改善するよう心がけてみると良いでしょう。