老化が影響している様々な目の病気

年齢と共に目にも変化が、老化が影響している様々な目の病気

目の状態の変化と年齢は切っても切れない関係性とされています。老化に伴って目にも様々な変化が現れるようになり、病気を発症するリスクも高くなります。目の病気と一言で言っても種類は非常に多く、中でも老化によって発症しやすくなる病気が目立ちます。ここからは老化が影響している様々な目の病気について見ていくことにしましょう。

視野が欠けてしまう「緑内障」

老化によって発症リスクが高まる目の病気としてまず挙げられるのは「緑内障」です。緑内障は視野が欠けてしまう病気で、一般的には眼圧が高くなることで発症すると見られていますが、眼圧が上昇していない場合、眼圧が正常値である場合にも「正常眼圧緑内障」を発症してしまうこともあるので、例え眼圧が正常値であっても緑内障を発症する恐れはある、ということをよく理解しておきましょう。

また緑内障は自覚症状が見られないことから、発症していることになかなか気付かないこともあります。一度発症すると完治することはないので、できる限り早く発症に気付くためにも、定期的に眼科で検査を受けるようにしましょう。

「白内障」の治療法は手術のみ

緑内障と似た名称の病気に「白内障」がありますが、白内障もまた老化によって発症しやすくなっています。緑内障とは全く違った症状の現われる病気で、水晶体が白く濁るといった症状が現れます。水晶体が白く濁ると視界がかすんで見えにくくなりますが、この症状は手術を受けることによって緩和させていくことができます。

白内障の治療法は手術のみとなっていますので、白内障を発症してしまった場合は手術を受けることについて十分納得した上で治療をしていきましょう。ちなみに白内障と上で紹介した緑内障は併発しやすい病気でもあります。どちらも年齢を重ねるごとに発症しやすくなりますから、併発にも注意しておきましょう。

「飛蚊症」の予防・改善は日頃の生活習慣から

このように緑内障や白内障などは老化に伴って発症リスクが高まりますが、もう一つ老化が大きく影響している病気があります。それが「飛蚊症」です。飛蚊症は視界に小さな黒や白の点、糸状の浮遊物が見える病気のことで、ガラス体に活性酸素が溜まってしまったことが原因で発症します。根本的な原因としては紫外線やブルーライトなどを浴びることなのですが、不規則な生活を送っている場合にも活性酸素は溜まりやすくなりますから、飛蚊症を防ぐためには規則正しい生活を心がけることも重要な対策となっています。

また、飛蚊症は現代の医療では確実な治療法もないため、まずは皆さん自身で発症しないよう予防していくことが必要です。年齢に負けない健康的な目を守ることができるよう、日頃の生活習慣から改善していくと良いでしょう。

若年層でも目の病気には気をつけて

こうした目の病気には老化が大きく関わっていますから、私達は年齢が高くなるごとにより注意を高めていかなければなりません。まずは予防を心がけること、もし発症してしまった場合にも適切な対処を取って症状を治療または改善させていくよう努めていきましょう。

とは言え、老化だけが目の病気を発症させる要因ではなく、若年層の皆さんでも眼精疲労が溜まっていたり、ストレスが溜まっていたりすると目の病気にかかりやすくなります。血行不良や冷えなども影響しますし、もちろん生活習慣についても見直すことが大切です。特に上記で紹介した中では、緑内障の発症に注意が必要です。緑内障は中高年層に多い病気ですが、若年層の皆さんでも発症する確率が高いので、皆さんができることから予防していきましょう。