緑内障の手術は安全なもの?危険なもの?

緑内障の手術は安全なもの?危険なもの?治療を受ける前の心構え

緑内障の治療で眼圧を安定させる方法

前回は眼科で行なわれる緑内障の治療法として、眼圧を下げるための点眼薬による治療、そして手術によって眼圧を下げる方法について見てきました。基本は点眼薬を使用することで緑内障を治療していくので、まずは処方された点眼薬を忘れずに使って眼圧の数値を安定させていきましょう。

眼圧が安定することで緑内障の症状も落ち着き、結果的に緑内障の改善・症状進行の予防に繋がります。緑内障の「完治」ではなく「改善」といった点にも注意しながら治療を続けていくこと大切ですし、これ以上緑内障が悪化しないよう地道に治療を続けていく努力も忘れてはならないものです。現状維持を目指して、緑内障治療を始めていきましょう。

ただ、皆さんがもし緑内障の治療のために手術を受けることになった場合は、手術に対する安全面が気になるところですよね。果たして緑内障の手術は安全なものなのでしょうか?それとも危険が伴うものなのでしょうか?今回は緑内障の手術の安全性について見ておきたいと思います。

緑内障の手術は安全?危険?

緑内障の治療のために行なわれる手術は、緑内障の症状が現われるメカニズムによって異なる手術を受けることになります。例えば、急性発作が引き起こりやすい「原発閉塞隅角緑内障」の場合は眼圧が急激に上昇するため、上昇した眼圧を下げるために手術を受けることになります。これは「急性緑内障」とも言われる症状で、同じ原発性の緑内障でも「原発開放隅角緑内障」には見られない症状です。原発開放隅角緑内障の場合はまた違ったメカニズムによって発症するので、手術の種類も異なっているのです。

こうした緑内障の手術は、以前に比べて安全面性が高くなり、失敗例も少なくなってきていると見られています。実際に手術を受ける時間も短いですし、入院をしても症状や経過によっては早めに退院できることもあります。しかし、手術を受けることによって何らかの合併症を引き起こす恐れが無いとは言い切れませんので、合併症が起きるリスクについてもあらかじめ理解しておくことが必要となります。

もちろん、緑内障の手術を受けたからといって全てのケースに合併症が引き起こるわけではなく、術後の経過によっては問題なく手術を終え、眼圧も安定させることができるようになっています。まずはあまり心配せず、医師から手術に関する話をよく聞いてみましょう。

急性発作を抑えるための手術は、急性発作を引き起こしにくくすることができる、つまり緑内障の発作を予防できる手術でもありますので、閉塞隅角緑内障を患っている場合はあらかじめ手術を受けることによって急性発作を免れることも可能です。予防のために手術を受けるかどうかも、まずは医師との相談が必要不可欠です。皆さんが納得した上で手術を受けましょう。

医師の治療方針をよく理解して

「手術」と聞くと怖いイメージを持つ皆さんも多いかと思いますが、以上のように緑内障の手術は安全性が高くなっていますし、手術自体が予防のために行なわれることもあるので、点眼薬と同様に一つの治療法として捉えておくようにしましょう。

ただ、点眼薬が効かないようなケースにも手術は行なわれるため、どちらかというと症状が重い場合には手術を受けなくてはならない可能性が高い、と見ておくと良いですね。必ずしも手術を受けなければならない、ということではなく、緑内障の症状によって手術を受けるべき時があるということなので、医師の治療方針もよく理解しておきましょう。次回はこのような緑内障の手術によって引き起こりやすい「合併症」について見ていきたいと思います。