症状の進行を抑えることが必要な緑内障

発症したらどう対処するの?症状の進行を抑えることが必要な緑内障

もし緑内障を発症してしまったら

もし緑内障を発症してしまったら・・・という不安は誰にでもあるものですし、現在定期的に眼科に通っているなど緑内障を予防している皆さんであっても、少しずつ症状が進行していることも考えられます。しかし、これは緑内障の検査が役に立たないということではありません。緑内障は皆さん自身でしっかり自覚できる症状が現れないので、検査を受けない限り緑内障を発症していることに気付かない、ということも珍しくないのです。

眼科での検査は緑内障の発症を早期に発見するために欠かせないものですから、定期的に眼科に通っている皆さんはこれからも予防をそのまま続けていきましょう。眼科に通っていない皆さんも、自分自身の目の健康を守るためにも、念のため緑内障の検査を受けておくことをおすすめします。

緑内障は症状の進行を抑えることが必要

では、実際に検査を受けて緑内障を発症していることが分かった場合はどのように対処していくものなのでしょうか?緑内障の発症が分かるということは、これから皆さんは治療を受けなければならないことと同意義です。症状を放置しているとますます状態は悪化しますし、最終的には失明する危険性もあるところが緑内障の怖いところです。

そこで必要となるのが「症状の進行を抑えること」です。緑内障は予防することができる病気であるものの、一度発症すると二度と完治することはありません。完治させることができないからこそ、皆さん自ら予防していくことが重要となっているわけですが、発症してしまったら緑内障とは生涯付き合っていかなければならないのです。

このように説明すると緑内障という病気は非常に辛い病気のように思えますが、症状の進行を抑えることはできる病気であるため、現状維持に努めることは十分可能です。つまり、皆さんがもし緑内障を発症してしまった場合でも、症状の進行を抑えることで病気の悪化を防ぐことができるというわけです。眼科では完治させるための治療ではなく、症状の進行を抑えるための治療を行なっていきますので、発症後は医師からの指示に従いながら地道に治療を続けていきましょう。

症状の進行を抑えるために受ける治療

緑内障の症状は徐々に進行していく傾向が強く、初期段階では視野が欠けていることにも気付かない場合があります。こうした理由から「緑内障は自覚症状のない病気」として知られており、眼科での治療に関してもまずは症状の進行を抑えることで病気への対処をしていくことになります。適切な対処をしない限り、緑内障の進行を抑えることはできません。

少しでも症状の進行を抑えるためには眼科での治療が欠かせないものとなっていますから、緑内障を発症していると診断された皆さんは、必ず眼科に通って治療を続けるようにしてください。治療を受けなかったり、治療を途中でやめてしまったりすると、一度は症状の進行を抑えることができていても、再度緑内障の進行が始まってしまいます。自分自身の目を大切に思うのであれば、勝手な行動は慎み、眼科での治療をしっかり受けるようにしましょう。

緑内障と診断されているにもかかわらず治療を受けない、という場合にもし症状が悪化してしまっても自己責任となってしまいます。完治させることができないから、と諦めたりせず、まずは今の皆さん自身に必要な治療を受けることから緑内障を改善させていきましょう。

次回は「眼科の緑内障治療」についてより詳しく見ていきますが、適切な治療は緑内障のタイプによっても異なりますし、症状の進行状態によっても治療内容には違いがあります。皆さんに合った治療法は医師から指示を受けることになりますので、医師の治療方針をよく理解した上で緑内障治療を始めていきましょう。