予防していても緑内障にかかってしまったら

もし緑内障にかかってしまったら、予防をしていても発症するケースも

予防していても緑内障にかかるリスクが

これまで緑内障の予防として様々な視点から見てきました。完治しない病気だからこと予防が必要であること、眼精疲労やストレスが発症の要因となること、不規則な生活を続けることで緑内障にかかりやすくなること、緑内障を発症しやすい「緑内障気質」など、緑内障発症の問題点と予防法については皆さんも少しずつ理解できてきたのではないでしょうか?

ただし、こうした予防法を試したからといって、必ずしも緑内障を発症しない状態になった、とは言い切れません。もちろん、予防をすることで緑内障の発症を避けることは可能ですし、予防している場合と予防していない場合とでは緑内障の発症リスクも大きく異なってきます。

とは言え、前回お話ししたように緑内障は年齢が高くなるにつれて発症しやすくなる病気でもあります。つまり、皆さん自身はしっかり予防しているつもりでも、年齢には勝てずに緑内障の症状が進行してしまうこともあるのです。緑内障を予防をすることに対して意味がないわけではなく、予防をしていても緑内障にかかるリスクは少なからずある、ということをよく理解しておきましょう。

もし緑内障にかかってしまったら

では、もし予防していても緑内障にかかってしまった場合、どのように対処すれば良いのでしょうか?予防をしていたにもいかかわららず緑内障を発症していたことが分かれば、少なからずショックを受けるものですが、まずは目の前にある「緑内障を発症した」という問題に向き合う必要があります。

緑内障は自覚症状が見られない病気ですから、皆さんが緑内障を発症したかどうかをハッキリと診断してもらうためには、眼科で検査を受けて医師から「緑内障を発症している」という診断を受けなくてはなりません。そのため、緑内障を予防するためにかかっていた眼科での検査が、実際に緑内障の早期発見にも繋がることになります。

先ほどもお話ししたように、緑内障を予防することには決して意味がないわけではなく、予防していたからこそ症状を発症していることに早く気付くことができるのです。現在眼科に通っている皆さんは、もしもの場合に備えて定期的な検査を欠かさず受け、自分の目の状態をしっかりと把握しておくようにしましょう。

定期的に検査を受けることが最大の対処法

医師から「緑内障を発症している」と診断された時、はじめて皆さんは緑内障を発症していることが自覚できますから、やはり「定期的に検査を受けること」が最大の対処法です。予防していても緑内障にかかることもあるとは言え、予防していなければ緑内障を発症していることに気付かない、ということもまた事実です。

定期的な眼科での検査は、緑内障予防においては最も重要視しておかなければならないものなので、もし自分が緑内障になってしまったら・・・と少しでも不安に思うことがあれば、検査を受けるという予防法から始めてください。

他にも目に関しての悩みがあれば医師に相談することで気持ちはスッキリしますし、何らかの病気を発症していた場合もすぐに対処することが可能です。現在かかりつけの眼科がないという皆さんも、これを機会にかかりつけの眼科探しをしてみてはいかがでしょうか?

緑内障を発症していれば、眼科での治療は欠かせないものとなります。次回はそんな眼科での治療を含めた「緑内障の症状の進行を抑えること」について詳しく見ていきたいと思います。万が一緑内障を発症してしまった場合にも、症状を抑えることで現状を変えることはできます。症状の進行を抑えることは緑内障予防の一つとしても考えられますから、予防法としても参考にしてみてくださいね。