予防に欠かせないのは眼科の緑内障検査

緑内障の予防にはまず何が必要?欠かせないのは眼科で受ける検査

緑内障を発症しにくくするための予防法

前回は「緑内障の予防は自分ができることから」ということで、様々な予防法について見てきました。これから緑内障予防を始めていく皆さんは、こうした予防法を参考にまずは今日からできることを始めてみてください。

生活習慣の改善などは今からでもできますし、眼精疲労やストレスへの対策や解消法についても、すぐに始められるものとなっています。予防をすれば緑内障になることはないという保障はありませんが、予防をしておく場合としていない場合とでは緑内障の発症リスクに大きな違いが現れてくるものです。

絶対に緑内障を発症しないという状態を作ることは不可能でも、緑内障にかかりにくい状態を作ることはできますので、皆さんも自分ができることから緑内障予防を始めていきましょう。そこでまず必要となっているのが「眼科の緑内障検査」です。今回は緑内障の検査による予防法について見ていきたいと思います。

かかりつけの眼科で緑内障検査

緑内障であるかどうかを診断するためには、眼科で行なわれている検査を受けることが必要不可欠です。そして検査は緑内障予防にも欠かせないものとなっています。緑内障は自覚症状がないことから、皆さん自身で緑内障であることに気付くことは非常に少なく、知らない間に症状が進行してしまっていた、ということも珍しくありません。

進行スピードは人それぞれ異なりますし、ゆっくりと徐々に進行していくこともありますが、症状を放っておくとどんどん進行していってしまうのが緑内障の特徴でもあります。そのため、できるだけ早い段階で発症に気付くためには検査を受けることが重要となっているのです。これは皆さんに緑内障を発症している恐れがある場合にはもちろん、全く緑内障の心配をしていない場合も同様に当てはまります。

自覚症状が見られないのですから、皆さん自身が緑内障に対する不安を感じていなくても、実際には緑内障を発症しやすい状態になってしまっていることも考えられます。緑内障を発症しやすいかどうかも検査によって判断することができるので、緑内障の予防にはまず検査が必要とされているというわけです。

皆さんも緑内障を予防したいのであれば、かかりつけの眼科で検査を受けて目の状態をよく診てもらうようにしましょう。かかりつけの眼科がない場合には、これを機会に信頼して任せられる眼科を探してみることもおすすめです。緑内障は誰にでも発症の恐れがある病気ですから、何かあった時のためにもすぐに症状を相談できる眼科を探してみてくださいね。

緑内障の検査ってどんなことをするの?

以上が緑内障予防にまず必要となる眼科での検査についてのお話となります。具体的な検査内容としては、眼圧の数値を測る「眼圧検査」、視神経や網膜の状態を診る「眼底検査」、見えている視野の範囲を測る「視野検査」、隅角の状態を診る「隅角検査」などが挙げられます。緑内障の検査は一つだけではなく、様々な検査結果を照らし合わせることで診断していきます。いくつかの検査を受けることで皆さんがどのようなタイプの緑内障になりやすいかについても分かるので、自分自身の目の状態をよく知っておくためにも早めに検査を受けておきましょう。

ただ、一度だけ検査を受ければ安心というわけでもありません。緑内障は自覚症状がないまま進行していきますから、現段階では問題がなくても、徐々に症状が悪化していくこともあります。検査は定期的に受けることがベストですし、何か不安があればすぐに医師に相談しましょう。こうした心がけが緑内障の予防へと繋がっていきます。次回は皆さん自身でできる心がけとして「毎日の生活から緑内障を予防する」という方法について見ていくことにしましょう。