緑内障

何よりも大事なのは緑内障という病気と上手く付き合っていくこと

緑内障と上手く付き合っていくためには

これまで緑内障の予防法から緑内障の治療・改善法について様々な視点から見てきましたが、今回はコラムのまとめとして「緑内障と上手く付き合っていくためには」ということで、病気との付き合い方について考えていきたいと思います。病気には治療によって完治させることができる症状もあれば、治療をしても完治させることが難しい症状もあります。

緑内障は後者に当てはまる病気で、治療をしても症状を完治させることはできません。治療をする意味については他の記事でも紹介してきましたが、緑内障の発症後は視神経がダメージを受けている状態なので、完治を目的とする治療を行なうためには、傷ついた視神経を修復してあげなければならないのです。

もし治療によって視神経を修復することができれば、失われていた視野も元通りになりますし、緑内障も完治させることができます。しかし、現代の医療ではダメージを受けた視神経の修復は不可能とされており、緑内障を完治させることはできない、と言われているのです。

緑内障の治療は眼圧を下げることが目的

以上のようなことから、緑内障の治療は完治を目指すためのものではなく、あくまでも眼圧を下げるために行なわれる治療となっています。緑内障の原因は一般的に「眼圧の上昇」となっていますので、上昇した眼圧を下げることで症状を抑えていくことが主な治療内容です。「正常眼圧緑内障」の場合も、まずは眼圧を下げて症状を安定させていきます。こうした治療によって症状の悪化を抑制し、今以上に緑内障の症状が進行することのないよう、状態を維持していくことができるというわけです。

緑内障という病気にはこのような特徴があるため、もし緑内障を発症してしまったら皆さんは生涯病気と付き合っていかなければなりません。「生涯病気と付き合っていく」と考えると少し重く感じるかもしれませんが、基本的に緑内障は治療をしっかり続けていれば問題なく生活を送ることができます。

もちろん、緑内障を発症しているにもかかわらず治療を受けないなど、適切な対処をしていない場合には症状が悪化し、最悪の場合は失明する恐れも考えられます。ただしこれは非常に極端な例なので、緑内障を発症したらまずは眼科の医師に従って治療を続けること、生活習慣を見直して健康的な毎日を送ることを心がけるようにしてください。

緑内障という病気をしっかり理解することから

「緑内障は完治しないんだ・・・」と暗い気持ちになってしまう皆さんも多いかと思いますが、治すことはできなくても症状を緩和させていくことは可能です。緑内障で辛い状態だとしても、眼圧を下げて安定させていくことで、今よりも悪い状態になることは免れますし、緑内障の発症をきっかけに生活習慣を改善することで健康維持に働きかけていく効果も高まるものです。

治療によって失われた視野が戻ることはありませんが、緑内障患者にとって一番大事なことは、現状を維持して症状の進行を抑えることです。これが緑内障という病気と上手く付き合っていくコツになりますので、もし緑内障を発症してしまっても過剰に心配することはありません。不安なことがあれば医師に相談して解決策を見つけていきましょう。

また緑内障という病気のことがよく分からないような場合は、病気のことをしっかり理解することから始めてみてください。理解なしでは長く病気と付き合っていくことはできませんから、自分が発症した緑内障がどのようなものなのか、まずは皆さん自身がよく理解してあげるようにしましょう。

全てを委ねて任せられる?緑内障と治療する医師と患者の信頼関係

眼科における緑内障治療の重要性

食事や運動、そして目を大切するための対策などから緑内障の改善法を見てきましたが、やはり緑内障の改善において一番重要となるのが眼科での治療です。食生活の改善、運動不足の解消、眼精疲労対策などは皆さん自身で始められる緑内障の改善法ですし、こうした改善法を試すことによって目の状態を少しでも良くしていくことが可能となるため、治療としての改善法ではないものも積極的に行なっていくことが必要です。

しかし、緑内障はタイプによっては急激に眼圧が高くなるケースもある病気です。急激に上昇した眼圧は、食生活を改善したり運動不足を解消したりすることでは下げることができません。眼圧を下げるためには、眼科から処方されたの点眼薬を使用しなければなりませんので、眼科における治療は緑内障の症状を改善していくことに必要不可欠となっているのです。

眼科の医師と緑内障患者との信頼関係

そこで皆さんに注目してほしいのが「医師と患者との信頼関係」です。皆さんはかかりつけの眼科で緑内障の治療を受けることになりますが、これまで眼科に通う習慣がなかったという場合には、緑内障を発症したことをきっかけとして眼科を受診することになりますよね。かかりつけの眼科がある皆さんは特に心配はなく受診できますが、ほぼ始めて受診する眼科での治療は何かと不安も多いものです。緑内障は発症後に完治することはなく、治療を受けることは眼圧を下げることが目的とされています。

眼圧を下げると言っても、点眼薬を使ってもあまり効果が見られない場合は他の点眼薬を使うこともありますし、手術によって眼圧を下げなければならないこともあります。こうした緑内障の治療方針は、皆さんの緑内障の症状の状態だけではなく、医師の診断によっても異なるものなので、緑内障の治療を受ける際には眼科の医師と患者である皆さんとの信頼関係が非常に大きなものとなります。

患者である皆さんの視点としては、医師に全てを委ねて任せることができるか、医師の指示を聞いて治療を続けていくことができるか、病気について何か不安なことがあった時にすぐ相談することができる医師であるかなど、信頼できる医師がいる眼科を選ぶことが大切です。これからかかりつけの眼科を探す皆さんは、信頼関係が築ける医師のいる眼科を選ぶように心がけておくと良いでしょう。

症状を安定させるには治療と改善法の双方から

緑内障はまず第一に眼科での治療、そして自宅で皆さん自身が行なう改善法によって症状を緩和させていくことができる病気とされています。治療なしでは適切に眼圧を下げることはできませんし、ただ治療を続けているだけでも症状が思うように改善していかないこともあるものです。双方の助けによって緑内障の症状を安定させていくことができますので、眼科で治療を受けながら自らできる改善法を続けていくようにしてください。

緑内障は完治させることができないため、治療においては皆さん自身の「治療を続けていく気持ち」も忘れはならないものとなっています。生涯付き合っていかなければならない緑内障に対する意識をしっかりと持ち、症状の改善を目指して治療を地道に続けていくようにしましょう。

次回はこのコラムの最後に「緑内障という病気と上手く付き合っていく」ということに焦点を当てて、緑内障の予防法や改善法のまとめとしていきたいと思います。現在緑内障を予防中である皆さんも、もし緑内障を発症してしまった場合に備えて、病気と上手く付き合っていくためにはどのような心がけをすれば良いか、といったポイントいついて考えていきましょう。

緑内障改善法3疲れたらすぐに休むことを心がけながら目を大切に

前回・前々回と緑内障改善法として、食事や運動など生活習慣を改善する方法について紹介してきました。今回は基本的な生活習慣というよりも、健康的な生活を送る上で気をつけておきたいプラスαの改善法について見ていきたいと思います。食事や運動などにも十分に注意を払う必要がありますが、緑内障は目の病気なので、病気の発症後は目を大切にすることもまた症状改善へと繋げていくことができるのです。

緑内障を発症したら目を大切に

それでは、早速目を大切にする方法について見ていきますが、具体的にはどのようにすれば目を大切にすることができるのでしょうか?簡単に「目を大切にする」といっても、目のためにどのようなことをしたら良いのか分からない、という皆さんも多いかと思います。

しかし、あまり悩む必要もなく、ただ皆さん自身の目をしっかり休めてあげることが目を大切にすることになりますので、仕事などで目に疲れを感じた時にはまずゆっくりと休ませてあげるようにしましょう。こうした心がけは緑内障予防にも効果的です。眼精疲労対策は緑内障の発症を防ぐためにも欠かせません。そして緑内障を発症している目を大切にするためにも、同様に眼精疲労は溜め込まずスッキリと解消することが必要なので、疲れている目はすぐに休めることを第一に考えておきましょう。

簡単にできる疲れ目解消対策法

目を休めたい時にはただ目を瞑るだけでも良いですし、目を瞑ってまぶたの上から手のひらをあてて目の周り全体を温めてあげることもおすすめです。眼精疲労は血行不良からも感じることが多いので、目の周りの血流を良くすることで疲れもスーッと引いていきます。

ちなみにこれは頭痛を感じている時にも効果があります。特に眼精疲労と頭痛が併発している場合には、目の周りだけではなく、額にも手のひらをあてて温めることで疲れを解消する効果が期待できるのです。手のひらが温かい状態であればより効果が高いですし、手のひらをあてるだけなので仕事中にも簡単に試すことができます。目をたくさん使って疲れたな、と感じた時には、このような簡単にできる眼精疲労対策を実践してみてくださいね。

疲れる前に目を休めることを心がけて

このように、緑内障の発症後はとにかく目を大切にすることが第一です。「疲れる前にすぐ休める」を心がけ、眼精疲労を溜めないよう注意しておきましょう。

また、あらかじめ目の疲れを防ぐためには、目を疲れさせる行動を避けることも必要です。特に最近ではスマートフォンを使用している人が増加しているため、スマートフォンによる眼精疲労を抱えているケースも多く見られています。目を大切にしなければならない状態で目を疲れさせる行動を取っていては、ますます症状が悪化してしまう恐れもあります。もちろん眼精疲労だけが直接的に緑内障の悪化に繋がるわけではありませんが、緑内障の発症後は自ら目を疲れさせる行動は慎むようにしてください。

ただ、全く目を使ってはいけないわけではありませんし、仕事でパソコンを使う皆さんなどはパソコンの画面と向き合う時間を減らすことは難しいですよね。そのような場合には、先ほど紹介したような目を休める心がけや目のエクササイズなどでしっかり対策を取っていくことを考えるようにしましょう。

緑内障になったからパソコンやスマートフォンの使用は禁止!というわけではありませんから、皆さんの目が疲れない範囲で日々の生活を送るようにしましょう。次回は「眼科の医師と緑内障患者の信頼関係」について見ていきたいと思います。

緑内障改善法2眼圧を安定させる効果も期待できる毎日の適度な運動

前回は緑内障改善法1として、食事面に関する改善法について見てきました。普段から食生活が不規則になりがちな皆さんは、この機会にこれまでの食生活を見直し、緑内障予防に働きかけていきましょう。また、栄養バランスの取れた食事を摂るだけではなく、身体を動かすことも健康維持には欠かせません。適度な運動は緑内障の予防にも改善にも同様に必要なことですので、今回は運動の効果について詳しく見ていくことにしましょう。

緑内障改善のために運動不足を解消!

皆さんは普段どのくらい運動をしていますか?定期的に身体を動かしている皆さんもいれば、もう何年も運動といった運動をしていないという運動不足の皆さんも多いのではないでしょうか。運動不足になってしまっている現代人は年代に関係なく非常に多く、様々な病気を発症する大きな要因とも言われています。

特に生活習慣病を発症しやすくなっていますから、後に大きな病気を発症することがないよう、あらかじめ予防しておくことも大切です。さらに運動不足の状態は全身の血行も悪くなってしまっていますし、肥満になりやすい状態でもあります。健康のためには適度な運動を毎日の生活に取り入れていくことが大事なので、今まで運動不足になっていた皆さんは今日から少しずつでも運動を習慣づけていくようにしましょう。

そして緑内障を患っている皆さんにとっては、適度な運動が眼圧を安定させることもできるため、症状の改善にとても効果的となっています。

適度な運動には眼圧を安定させる効果も

緑内障は眼圧が高くなってしまう症状が現われる病気ですから、治療をするにもまずは眼圧を下げていくことが重要とされています。むしろ、緑内障の治療目的自体が眼圧を下げることなので、眼圧の数値を安定させることができる運動は緑内障の改善法として大きな効果があると見ることができます。

もちろん、改善法だけではなく予防にも効果的ですから、現在緑内障を予防中である皆さんも運動を習慣づけて運動不足を解消していきましょう。ただし、運動といっても身体を激しく動かす運動はあまりおすすめできません。激しい運動はかえって身体を疲れさせてしまい、ストレス過多となってしまうこともあるので、あくまでも適度な運動を心がけるようにしましょう。

身体を動かすことを意識してみて

そこで皆さんにおすすめの運動を紹介しておきたいと思います。眼圧を安定させる効果のある運動としては、軽いウォーキングやランニングなどの有酸素運動が最適です。疲れるほど運動する必要はありませんので、まずは皆さんがやりやすい方法で運動を生活習慣の中に取り入れてみてください。通勤時間の中で歩く距離を増やす、エスカレーターではなく階段を使う、毎朝散歩をする、家の中でも動く時間を増やす、といった小さな心がけでも続けていくことで効果は増していきます。

その他、ストレッチやヨガなどの運動も全身の血行を良くしてくれるため、運動不足解消には大きな力を発揮してくれます。長い期間運動不足になってしまっていた皆さんが運動をする習慣をつけることはなかなか難しいことかもしれませんが、今の皆さんができることから始めてみてください。身体をいつもよりも多く動かす、と意識するだけでも心がけは変わります。緑内障を改善することを目標に、日頃の生活習慣から見直してみるようにしましょう。

次回も緑内障の改善法について見てきますが、次回は主に「目」に関する改善法を紹介していきたいと思います。皆さんも緑内障を発症した後の目を大切にしていくための改善法をぜひ参考にしてみてくださいね。

緑内障改善法1毎日の食事は栄養バランスをしっかり考えるように

緑内障改善のための食生活改善

これまで緑内障の予防法や緑内障を発症した際の対処法について見てきましたが、今回からは三回に渡って緑内障の改善法について見ていきたいと思います。もし皆さんが緑内障を発症してしまった場合、まずするべきことは眼科での治療を受けることですが、ただ治療を受けているだけでは緑内障が発症した根本的な原因を理解できていないことが考えられます。

緑内障は眼圧が上昇した結果、視神経がダメージを受けることで生じる病気として知られているものの、場合によっては眼圧が上昇せずに緑内障を発症するケースもあり、視神経にダメージを与える事象は眼圧だけに限りません。そこで注目しておきたいのが、普段の食事面です。

皆さんは毎日どのような食事を摂っているでしょうか?栄養バランスを考えた食事を摂ることができていますか?もし不規則な食生活になっているようであれば、今日から食生活全体を改めていくことをおすすめします。食生活の改善自体が緑内障の改善にも繋がるので、今回は食事から緑内障を改善していく方法について見ていくことにしましょう。

栄養は様々な食材からバランス良く!

食事の栄養は様々な食材からバランス良く摂ることが基本です。身体に良いと言われているからといって、同じ食材ばかりを食べていても全体の栄養は偏ってしまいますし、他にも身体に必要な栄養素があるにもかかわらず、同じ栄養素ばかりが含まれている食材を食べてしまっている場合も同様にバランスが悪い状態となっています。

例えば「緑内障の改善に効果的と言われる栄養素を摂りたい!」と考えた時に、いつも同じ食材から栄養を摂ることになりがちですが、それだけでは食生活を改善したことにはなりません。同じ食材ばかりを摂っていること自体に食生活の乱れが見られますので、緑内障の改善だけを考えないことが大切です。

緑内障のためだけに食生活を見直すのではなく、皆さん自身の健康のために広い目で食生活を見直していくようにしましょう。目に良い栄養素をたっぷりと摂ることはいけないことではありませんが、食事全体の栄養素が偏らないよう注意しながら毎食の献立を考えてみてください。

食事を摂る時間帯・食事の量にも気をつけて

また、食事から摂る栄養バランスだけに捕らわれず、食事を摂る時間帯にも注意し、食事を摂る量にも気をつけておきましょう。不規則な食生活というのは、決して栄養バランスが偏っていることだけを指しているのではありません。

食事を摂る時間帯が毎日違っている、食事を摂る量が三食バラバラになっている、という場合も不規則な食生活を送っていると言えるので、朝・昼・夜とできるだけ毎日同じ時間帯に食事を摂るようにするとか、毎食同じくらいの量だけを食べるようにするなど、栄養バランスの面以外もしっかり改善していきましょう。

現代人である私達は栄養バランスが乱れやすいだけではなく、よく朝食を抜いたり、昼食の時間が毎日違っていたり、夕食を摂る時間が深夜になってしまったり、食事を摂る時間帯が不規則になることも多いですから、規則正しい食事の時間を心がけることも忘れないようにしておきましょう。

このように食事の面を改善することによって緑内障の症状も安定しやすくなりますので、まずはこれまでの食生活を振り返りながら問題点を見直していくことをおすすめします。次回も緑内障の改善法を紹介していきますが、今度は「運動」の効果について詳しく見ていきたいと思います。慢性的な運動不足になっている皆さんは、ぜひ参考にしてみてくださいね。

白内障・飛蚊症・ドライアイ、緑内障以外の目の病気にも気をつけて

緑内障と併発しやすい「白内障」

これまで緑内障という病気について見てきましたが、今回は緑内障以外の目の病気について少し紹介しておきたいと思います。と言うのも、目の病気には様々な症状があり、中には緑内障と併発する恐れがあることも考えられるからです。前回、最後の方でお話ししたように、目の水晶体が白く濁る「白内障」という病気は緑内障と併発するケースが多いので、現在緑内障を発症している皆さんはもちろん、白内障を患っている皆さんも二つの症状の併発には十分に気をつけておきましょう。

白内障は不溶性蛋白と呼ばれる成分が水晶体に増加することで白く濁り、物が見えにくくなるという症状が現れます。視野が欠けてしまう緑内障とは違った症状が現われる病気ですが、どちらも年齢が高くなるにつれて発症率が高まるという特徴を持っているので、併発することが多いのです。

併発を避けるためには、やはり定期的に眼科に通って目の状態を診てもらうなど予防をしておくことが必要です。白内障も緑内障と同様、年齢に勝てない部分が大きい病気ではありますが、まずは症状が悪化しないよう予防することから始めていきましょう。

活性酸素が原因で発症する「飛蚊症」

また「飛蚊症」という病気に関しても年齢が関係しているため、老化による目の異常は予防することができてもなかなか避けがたいものとしても考えられています。飛蚊症は視界に点状や糸状の浮遊物が見える病気で、老化だけではなくストレスなどによっても生じやすい病気とされています。

原因は「活性酸素」が溜まっていることと考えられており、活性酸素が溜まりやすい状態になっていると飛蚊症を発症するリスクも高まると見られています。年齢を重ねることもストレスを感じることも活性酸素を溜め込みやすくなりますが、その他にもたくさんの紫外線を浴びる、パソコンやスマートフォンなどのブルーライトを浴びる、といった行動も飛蚊症の発症に繋がりやすくなっているので注意しておきましょう。

外出時の紫外線対策はもちろん、パソコンやスマートフォンの画面に向かう時はブルーライトをカットする機能のあるメガネをかけるなど、目の健康を守るための対策を取っておくことをおすすめします。ブルーライトに対応しているレンズのメガネは様々なショップで販売されていますから、メガネ選びを楽しみながら予防をしてみてはいかがでしょうか?

目の表面が乾いてしまう「ドライアイ」

このような白内障や飛蚊症は、言わば一般的な目の病気として知られていますが、皆さん自身があまり病気とは感じていない目の変化も実は病気の一種であることも考えられます。例えば、目の表面が乾くことで生じる「ドライアイ」は目が痛くなったり急に涙が出たりといった症状が現れますが、このドライアイもまた目の病気の一つに当てはまります。

ドライアイは主にパソコンやスマートフォンなどの画面、テレビやゲームの画面に長時間向き合うことによって発症しやすく、現代人に増えてきている病気としてしっかりとした予防が必要とされています。仕事でよくパソコンを使うという皆さんは、長時間画面を見つめていると目がしばしばしたり目が乾いたりすることはないでしょうか?もしこうした症状が頻繁に見られるようであれば、慢性的なドライアイになってしまっていることが考えられます。

ドライアイは角膜または結膜がダメージを受けてしまっている状態なので、できるだけ早めの対処が必要です。目に違和感がある場合はすぐに眼科に行き、目の状態をよく診てもらうようにしましょう。目の病気を改善するためには、眼科を受診することが先決です。ただし、生活面でも気をつけていくべきことはたくさんありますので、次回からは緑内障の改善法について見ていくことにしましょう。

緑内障手術後の経過によっては低眼圧や視力低下などの合併症が

手術を受けることによる危険性

基本的には点眼薬を使用することで眼圧を安定させることが緑内障の治療法となっていますが、前回お話ししたように場合によっては手術によって治療しなければならないこともあります。症状が比較的軽いケースならば点眼薬によって眼圧を下げることができますが、点眼薬を使っても眼圧が下がらない、または急激に眼圧が上昇している状態である場合は、手術を受けることで眼圧を安定させていくことになります。

手術の安全性や危険性に関しては前回もお話ししましたが、今回は手術後に引き起こりやすい合併症に注目してみることにしましょう。以前に比べると安全性も高くなってきている緑内障の手術でも、合併症が引き起こることも少なからずあるものです。手術を受ける上では皆さん自身がしっかりと理解しておかなければならない問題なので、どのような合併症が引き起こりやすいのか、詳しく紹介していきたいと思います。

低眼圧や視力低下は緑内障手術の合併症

緑内障の手術は上昇した眼圧を下げることが目的ですので、眼圧が下がって安定することで成功したと見ることができます。しかし、手術後に眼圧が異常に低くなることがあり、手術を受けたことでかえって危険な状態になってしまうこともあるので注意が必要です。

これは「低眼圧」と呼ばれる症状で、眼圧が低下することで目の状態に変化が現われることを指しています。緑内障は眼圧が高くなることが大きな原因となっていますから、眼圧が下がれば問題ないと思われがちですが、眼圧が低くなりすぎても目は良い状態とは言えません。

また、眼圧だけではなく視力が低下してしまうことも合併症の一つです。眼圧や視力の数値については、術後の検診をしっかり受けることで危険な状態かどうかを診ることができます。「手術を受けたから安心」ではなく、手術後の目の健康を守ることも考えていかなければならないので、少しでも変化を感じたら医師に相談し、目の状態を診てもらうようにしましょう。

炎症が引き起こる「眼内炎」などにも注意を

緑内障手術の合併症にはこうした低眼圧や視力低下といった症状が見られることが多いですが、その他にも「眼内炎」などの炎症を引き起こすケースもあります。放置しておくと非常に危険ですから、もし術後の目に違和感があれば早めに眼科を受診してください。

さらに合併症が現れていない場合でも、手術を受けても眼圧が思うように下がらないということもありますし、一度は眼圧が下がったけれどしばらく経ってからまた眼圧が上昇してしまったということもありますので、術後の経過には十分な注意が必要です。眼圧が上昇している状態を改善するために行なわれる手術ですが、以上で紹介したような事例も見られていますから、安全性の高い手術でも危険な点は少なからずある、ということを理解しておきましょう。

緑内障は他の病気と併発することも

また、緑内障の手術を受けたことによる合併症だけではなく、緑内障という病気自体と併発しやすい病気もあるので、手術を受けていない皆さんも様々な合併症に注意してください。例えば、水晶体が白く濁る病気である「白内障」は緑内障と併発するケースが多く見られています。どちらも年齢が重なるごとに発症しやすい病気ですから、特に高齢である皆さんは併発を予防するためにも定期的に目の状態を診てもらうことをおすすめします。

緑内障を発症しているのであれば、他にも目の病気を発症していないかしっかり診てもらうようにしましょう。次回は白内障をはじめとした「緑内障以外の目の病気」について詳しく見ていきたいと思います。

緑内障の手術は安全なもの?危険なもの?治療を受ける前の心構え

緑内障の治療で眼圧を安定させる方法

前回は眼科で行なわれる緑内障の治療法として、眼圧を下げるための点眼薬による治療、そして手術によって眼圧を下げる方法について見てきました。基本は点眼薬を使用することで緑内障を治療していくので、まずは処方された点眼薬を忘れずに使って眼圧の数値を安定させていきましょう。

眼圧が安定することで緑内障の症状も落ち着き、結果的に緑内障の改善・症状進行の予防に繋がります。緑内障の「完治」ではなく「改善」といった点にも注意しながら治療を続けていくこと大切ですし、これ以上緑内障が悪化しないよう地道に治療を続けていく努力も忘れてはならないものです。現状維持を目指して、緑内障治療を始めていきましょう。

ただ、皆さんがもし緑内障の治療のために手術を受けることになった場合は、手術に対する安全面が気になるところですよね。果たして緑内障の手術は安全なものなのでしょうか?それとも危険が伴うものなのでしょうか?今回は緑内障の手術の安全性について見ておきたいと思います。

緑内障の手術は安全?危険?

緑内障の治療のために行なわれる手術は、緑内障の症状が現われるメカニズムによって異なる手術を受けることになります。例えば、急性発作が引き起こりやすい「原発閉塞隅角緑内障」の場合は眼圧が急激に上昇するため、上昇した眼圧を下げるために手術を受けることになります。これは「急性緑内障」とも言われる症状で、同じ原発性の緑内障でも「原発開放隅角緑内障」には見られない症状です。原発開放隅角緑内障の場合はまた違ったメカニズムによって発症するので、手術の種類も異なっているのです。

こうした緑内障の手術は、以前に比べて安全面性が高くなり、失敗例も少なくなってきていると見られています。実際に手術を受ける時間も短いですし、入院をしても症状や経過によっては早めに退院できることもあります。しかし、手術を受けることによって何らかの合併症を引き起こす恐れが無いとは言い切れませんので、合併症が起きるリスクについてもあらかじめ理解しておくことが必要となります。

もちろん、緑内障の手術を受けたからといって全てのケースに合併症が引き起こるわけではなく、術後の経過によっては問題なく手術を終え、眼圧も安定させることができるようになっています。まずはあまり心配せず、医師から手術に関する話をよく聞いてみましょう。

急性発作を抑えるための手術は、急性発作を引き起こしにくくすることができる、つまり緑内障の発作を予防できる手術でもありますので、閉塞隅角緑内障を患っている場合はあらかじめ手術を受けることによって急性発作を免れることも可能です。予防のために手術を受けるかどうかも、まずは医師との相談が必要不可欠です。皆さんが納得した上で手術を受けましょう。

医師の治療方針をよく理解して

「手術」と聞くと怖いイメージを持つ皆さんも多いかと思いますが、以上のように緑内障の手術は安全性が高くなっていますし、手術自体が予防のために行なわれることもあるので、点眼薬と同様に一つの治療法として捉えておくようにしましょう。

ただ、点眼薬が効かないようなケースにも手術は行なわれるため、どちらかというと症状が重い場合には手術を受けなくてはならない可能性が高い、と見ておくと良いですね。必ずしも手術を受けなければならない、ということではなく、緑内障の症状によって手術を受けるべき時があるということなので、医師の治療方針もよく理解しておきましょう。次回はこのような緑内障の手術によって引き起こりやすい「合併症」について見ていきたいと思います。

眼圧を下げるための治療、症状によっては手術も行なう緑内障

「症状の進行を抑えること」が緑内障の治療として行なわれる、と前回お話ししましたが、緑内障の治療は全ての患者に同じ方法で行なわれるわけではありません。同じ緑内障を発症している場合でも、緑内障のタイプはいくつかありますので、症状の状態によって治療法も異なってくることが特徴的です。ここでは緑内障の治療法として、様々なタイプの緑内障に用いられている眼科での治療について詳しく見ていきたいと思います。

点眼薬によって眼圧を下げる!

緑内障の症状が進行することを抑えるためには、まず「眼圧」を下げなければなりません。これはどんなタイプの緑内障にも当てはまる治療法で、緑内障の治療=眼圧を下げるとしても過言ではなく、眼圧を下げることで緑内障の症状を緩和させていくことができるようになっています。つまり、眼圧を下げることで緑内障の症状が進行することを抑制できるため、緑内障の治療は眼圧を下げることを第一に考えているというわけです。

緑内障の中には、眼圧が正常値でも発症する「正常眼圧緑内障」がありますが、この場合も眼圧を下げることが先決となっています。「正常値なのに眼圧を下げるの?」と不思議に感じる皆さんも多いかと思いますし、眼圧を下げ過ぎても目には異常が現われるようになります。

しかし、正常眼圧緑内障の場合は眼圧がそれほど高くなくても視神経にダメージが加わってしまっているので、正常値であっても眼圧を下げなければ目は危険な状態になります。緑内障の悪化を防ぐために必要な対処法なので、正常眼圧緑内障の皆さんもまずは薬によって眼圧を下げていく治療を受けることが必要です。

薬は主に「点眼薬」が使われますが、点眼薬の種類は数多くあります。一つの種類を使って眼圧を下げる場合もあれば、二つ以上の点眼薬を併用して治療を行なっていく場合もあります。点眼薬の使い方については医師からしっかり説明を受け、正しく使うようにしてください。

点眼薬の使用を習慣づけていくこと

一般的な緑内障の治療は、以上のような「点眼薬によって眼圧を下げる」といった治療法になります。毎日決まった時間に点眼薬を差すだけなので非常に簡単な治療法ですが、点眼薬を差し慣れていない皆さんにとっては、ついつい忘れがちになってしまうこともありますよね。まずは緑内障の治療に慣れていくことが大切ですから、点眼薬の使用を忘れてしまうことのないよう、毎日の生活に緑内障の治療をしっかり習慣づけていきましょう。

緑内障は規則正しい生活習慣によって予防することができますが、このような点眼薬の定期的な使用についても生活習慣が関係しています。普段の生活の中に「緑内障の治療」という習慣を新たに入れていかなければならないので、できるだけ早く慣れることができるよう皆さんそれぞれが心がけていきましょう。

手術を受けなければならない場合も

また、緑内障の症状によっては「手術」を受けることで眼圧を下げていく場合もあります。全ての緑内障患者が手術を受けなければならないわけではなく、必要である場合のみ手術によって眼圧を下げていくことになりますので、もし手術を受けることになったら、医師とよく相談し納得した上で治療していきましょう。

手術と一言で言っても、緑内障を治療するための手術は様々です。レーザーを使った手術もあれば、「繊維柱帯」と呼ばれる部位を切除する手術もあり、緑内障のタイプによって受けるべき手術は異なっています。特に手術を受けるケースが多いのが「急性緑内障」で、発作によって急激に上昇した眼圧を下げるために手術を行ないます。

そこで皆さんが気になるのは、このような緑内障の手術は安全かそれとも危険か、といった問題かと思います。次回は「緑内障の手術は安全か?危険か?」といったテーマでお話ししていきましょう。

発症したらどう対処するの?症状の進行を抑えることが必要な緑内障

もし緑内障を発症してしまったら

もし緑内障を発症してしまったら・・・という不安は誰にでもあるものですし、現在定期的に眼科に通っているなど緑内障を予防している皆さんであっても、少しずつ症状が進行していることも考えられます。しかし、これは緑内障の検査が役に立たないということではありません。緑内障は皆さん自身でしっかり自覚できる症状が現れないので、検査を受けない限り緑内障を発症していることに気付かない、ということも珍しくないのです。

眼科での検査は緑内障の発症を早期に発見するために欠かせないものですから、定期的に眼科に通っている皆さんはこれからも予防をそのまま続けていきましょう。眼科に通っていない皆さんも、自分自身の目の健康を守るためにも、念のため緑内障の検査を受けておくことをおすすめします。

緑内障は症状の進行を抑えることが必要

では、実際に検査を受けて緑内障を発症していることが分かった場合はどのように対処していくものなのでしょうか?緑内障の発症が分かるということは、これから皆さんは治療を受けなければならないことと同意義です。症状を放置しているとますます状態は悪化しますし、最終的には失明する危険性もあるところが緑内障の怖いところです。

そこで必要となるのが「症状の進行を抑えること」です。緑内障は予防することができる病気であるものの、一度発症すると二度と完治することはありません。完治させることができないからこそ、皆さん自ら予防していくことが重要となっているわけですが、発症してしまったら緑内障とは生涯付き合っていかなければならないのです。

このように説明すると緑内障という病気は非常に辛い病気のように思えますが、症状の進行を抑えることはできる病気であるため、現状維持に努めることは十分可能です。つまり、皆さんがもし緑内障を発症してしまった場合でも、症状の進行を抑えることで病気の悪化を防ぐことができるというわけです。眼科では完治させるための治療ではなく、症状の進行を抑えるための治療を行なっていきますので、発症後は医師からの指示に従いながら地道に治療を続けていきましょう。

症状の進行を抑えるために受ける治療

緑内障の症状は徐々に進行していく傾向が強く、初期段階では視野が欠けていることにも気付かない場合があります。こうした理由から「緑内障は自覚症状のない病気」として知られており、眼科での治療に関してもまずは症状の進行を抑えることで病気への対処をしていくことになります。適切な対処をしない限り、緑内障の進行を抑えることはできません。

少しでも症状の進行を抑えるためには眼科での治療が欠かせないものとなっていますから、緑内障を発症していると診断された皆さんは、必ず眼科に通って治療を続けるようにしてください。治療を受けなかったり、治療を途中でやめてしまったりすると、一度は症状の進行を抑えることができていても、再度緑内障の進行が始まってしまいます。自分自身の目を大切に思うのであれば、勝手な行動は慎み、眼科での治療をしっかり受けるようにしましょう。

緑内障と診断されているにもかかわらず治療を受けない、という場合にもし症状が悪化してしまっても自己責任となってしまいます。完治させることができないから、と諦めたりせず、まずは今の皆さん自身に必要な治療を受けることから緑内障を改善させていきましょう。

次回は「眼科の緑内障治療」についてより詳しく見ていきますが、適切な治療は緑内障のタイプによっても異なりますし、症状の進行状態によっても治療内容には違いがあります。皆さんに合った治療法は医師から指示を受けることになりますので、医師の治療方針をよく理解した上で緑内障治療を始めていきましょう。